リスクを抑える住宅ローン

財布

諸費用も融資の対象

住宅ローンを借りる際に気をつけるべきことが、金利の推移。もし変動金利型住宅ローンを選ばれるのなら、金利の上昇は家計を直撃します。現在の日本は金利水準は低く推移していますが、いつ上昇するか分からないと指摘されています。これから住宅ローンを借りる方は、安心のフラット35を選ばれてはいかがでしょうか。フラット35とは、全期間固定金利型の住宅ローンです。金利推移に悩むことがなく、余裕を持った日々を過ごせます。また、一部の諸費用が融資対象になるのも、フラット35ならではの特徴です。一般的な住宅ローンでは、仲介手数料や融資事務手数料は融資対象ではありません。それに対しフラット35では、住宅建設費や住宅購入価格以外の諸費用が融資対象です。自己資金が少なくとも、マイホームの夢を叶えられるのは嬉しい限りです。さらに、フラット35からフラット35に借り換えができるのも魅力的です。今後、金利推移がさらに低下した場合には、借り換えにより金利負担を抑えられます。金利上昇にも低下にも万全に備えられ、豊かな人生を歩めます。その上、フラット35は、繰り上げ返済手数料は無料です。一般的な住宅ローンでは手数料がかかるため、家計を上手にやり繰りしたい方にも適しています。フラット35は、勤務形態や勤続年数に関わらず申し込めます。契約社員であっても、転職直後であっても、独立開業後であっても、安定した収入が見込めるのであれば問題ありません。まずはフラット35を取り扱っている金融機関を訪れ、マイホームの夢を叶える第一歩を踏み出しましょう。